読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死にたい

死にたい人への言葉が、ある。

[自殺してはならない霊的な理由]

燃料代が無い・・・

 土日を利用して、山梨県の、神奈川県との県境の村を観光がてら視察してこようかと思った、と、昨日の記事で書いた。

 

 しかし、タイミングベルトが気になる。遠征したせいで走行距離がその分伸びてしまい、そのせいで、五月半ばのタイミングベルト交換日より前に、タイミングベルトが切れてしまったならば、後悔ばかりとなる。

 

 それに、燃料代が無い。月にたったの10万円程度の手取りでは、直ぐに無くなってしまう。戦争末期の日本軍みたいに、軍艦はあるけど、動かす燃料が無い・・・という状況と酷似しておる。軽自動車はあるけど、動かす燃料が無い・・・とな。

 

 まあ、一応、職場までの出勤日のみの燃料代程度はあると思う。しかし、今度の土日とGWに山梨県に遠征する燃料代はない。しかも、走行距離が伸びれば、その分タイミングベルトが修理日前に切れる確率が増す。

 

 タイミングベルトの交換目安は、10年か、10万キロのどちらか先に達した方らしい。拙者が買った中古の軽自動車は、既に製造から13年程度が経過しており、既に101000キロ程度までいってしまっている。どちらもオーバーしておる状況だ。いつ切れても不思議ではない。

 

 それに、中古車屋でのやり取りの時には、店員さんが[このタイヤはまだまだ溝がありますよ]と言われて、はぁ~、お得だなぁ、と思った。けど、今日調べたら、丁度四年前に製造されたタイヤだった。確かに溝はまだまだあるが、既に四年も経過しており、ヒビも沢山入っていた。タイヤは、まだ溝があっても、製造から3~4年経過したら交換時期であり、また、ヒビも入っていたら尚更だ、とのこと。はぁ~、交換部品ばかりだ。

 

 オートバックスでタイヤを見たら、オートバックスのオリジナルタイヤのエバーランが日本製で一本4500円程度であり、韓国のクムホタイヤが一本3000円だったかな?とにかく、激安であった。しかし、タイヤはマジで安全性の要なので、日本製を買うつもりだ。

 

 新古車とかいうのの方がよかったのではないか?ナビもETCも付いていてお得だなぁ、と思って買ったのだが、やはり10万キロ近く入った中古車は、様々な箇所を買った直後から部品交換せねばならない。なんか、色々と金が上乗せされて、結局、けっこう高くなってしまうのかもしれない。

 

 でも、タイミングベルトを交換すれば、また、それから10年か、或いは10万キロまで大丈夫であろう。他の箇所は知らないが、とにかく、そういう条件ならば、走行距離が20万キロに達するまでは乗ろうかな。流石に軽自動車で20万キロ以上を乗るつもりはない。でも、何とか20万キロまでは、壊れずに乗り続けられると思う。

 

 それで、次に車を買う時は、家族もいて、新車のステップワゴンでも、ホンダのディーラーに買いに行くのだ。故に、それまでに、まともな収入を得て、結婚もしておらねばならない。

 

 はぁ~、とにかく、この世は金ですよ。金がなければ、もう、どうしようもない。もしもワシが18歳の時から刑務官でも勤めておれば、今頃まともな給与も頂けておって、もしかしたら、結婚も出来ていたかもしれない。ただ、そういうルートを辿っておれば、自殺ダメとその関連サイト群は制作できていなかったであろうな。

 

 とにかく、今の仕事は、三日働いても、2万2千円程度にしかならない。はぁ~、無理だ。とにかく、無理です。誰かに雇われるという方式では、無理だな。この歳だからなぁ。とにかく、農家でもして、自力で金を稼がねばならない。本当に、神奈川県とか東京都とかでは、有能な者達が大勢おって、太刀打ちできない。故に、爺さん婆さんばかりの過疎地にでも逃げたいのだ、ワシは。