読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死にたい

死にたい人への言葉が、ある。

[自殺してはならない霊的な理由]

死にたい

 

  ハァ、死にたいなぁ。

 

 もう35歳です。

 

 一生懸命に働いているけれど、薄給で、どうにもならない。

 

 これから一体、どうしたらいいのか?

 

 お金が無ければ、どうにもならないよ、この人生っつーものは。

 

 お金です、しょせん。

 

 私は、その点、お金を稼ぐ能力が無いのです。

 

 お金が欲しい。

 

 ハァ、お金が欲しい。

 

 でも、このまま、ただ単に、年老いて死んでいきたくはないのです。

 

 もしも、そんな、ただ単に生命を維持しつつ、年老いていくのみの人生であるとしたならば、私の人生とは一体、何だったのでしょうか?

 

 生殖機能は普通に機能するのです。しかし、生殖相手がいないのです。

 

 パートナー、私のパートナーは、一体、どこにいるのでしょうか?それとも、いないのでしょうか?

 

 あぁ、パートナーが欲しいよ。相手が欲しい。

 

 男は女と一対で一つではないのですか?

 

 死別して一人になったケースはあれど、私はまだ、誰とも出会ってもいないのだから。

 

 この歳で、未だに、誰とも付き合ったことはないのです。

 

 ああ、残酷だ。人生は残酷だ。死にたい。

 

  生きているだけで、苦しいものですね。

 

 ハァ、自殺はしない。

 

 けれど、本当に、生きているだけで苦しいものですね。

 

 人生を謳歌するとか、そんな行為は、今まで未経験です。

 

 本当に、もう、私は中古の軽自動車さえ維持するのが大変だというのに、世の中には、新車の高い外国車を余裕で購入するような輩もいるのです。

 

 それが、信じられない。私がどうあがいても不可能なことを、そいつは簡単にやり遂げる。

 

 努力不足とか言うかもしれません。しかし、私の場合、努力しても無理でした。勉強しても、一向に頭に知識が入ってこないのです。丁度、脳の内側から押し返すように、知識の流入を阻止しているのです。

 

 う~ん、う~ん、辛い、辛い。生きているだけで辛いぞ。

 

 ハァ、生きていても、つまらない。ハァ、辛い。

 

 死にたい気持ちになってしまうよ、神様サァ。

 

 もう、本当に、誰かと出会わせてくれよ。

 

 このままでは、本当に、死んでしまうよ。

 

 あぁ、辛い、辛い。

 

 ハァ、死にたいと思ってしまう。

 

 神様、どうか、生きていて楽しいと、希望がある状態にしてくださいませ。

 

 神様がいるという証拠を、私を幸せにすることで、示してくださいませ。

 

 終わり