読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死にたい

死にたい人への言葉が、ある。

[自殺してはならない霊的な理由]

新古車が良かったかな

 本日、茅ヶ崎市にある新古車専門店のチラシが入っていた。それを見ると、一番安い新古車で、スズキ・アルトの二色と、ダイハツ・ミライースの二色が、それぞれ二台ずつ、計4台が最安商品として掲載されていた。

 

 値段は、そのどれもが、54.8万円だったかな。走行距離は、たったの4キロとか8キロとかです。つまり、新車なのです。

 

 で、俺の13年落ちのR2はというと、走行距離が買った時点で9.9万キロであり、本体価格が12.8万円だったかな。

 

 あと、タイミングベルト一式の交換費用が約8万円、そしてプラグの交換とか、プラグ周辺からのオイル漏れの修理費用、そしてエンジンとEXマニホールドとかいう部分の接合部分が駄目だから、その交換費用で、両方合わせて19万円程度。

 

 それで、新車じゃないので、車検の費用が5万円程度かかったと思われる。故に、本体価格13万円+車検の費用5万円+19万円+8万円=45万円である。

 

 新古車と殆ど変わらないじゃん。勿論、新古車にはナビもETCも付いてはいない。しかし、そんなものは、後付けで出来る。そんなに高くないナビとETCでもいいのだ。

 

 はぁ、この前、タイヤのローテーションをした時に、タイヤを外したら、中のベアリングっていうのか、サスペンションっていうのか、そこのゴムカバーがベロンと破れていた。はぁ。

 

 しかも、既に相当な走行距離と年数故に、いつ故障するかもしれない。はぁ。今まで中古車など買ったことが無かった故に、中古車を舐めていた。はあ、まさか、買ってから三ヵ月も経たない内に、これほど追加で修理費用がかかるとは・・・。タイミングベルトの交換費用は、買った時点で約10万キロだったから、想定はしていた。しかし、それでも、もっと安価に交換できると思っていた。

 

 はぁ、もう二度と、中古車などは買わない。今後は新車を買うことを目標とする。

 

 はぁ、新古車と値段変わらないっつーの!くそっ!でも、この記憶を携えたまま、過去に戻ることは不可能。過去の時点では、とにかく値段の安い中古車を買うことしか頭に無かった。まさか、その後、こんなに追加で費用がかかるとは、その時点では気が付くはずがない。

 

 私はバカゆえ、一度自ら痛い目を見なければ、気付かないのだ。

 

 はぁ、新古車ならばなぁ、故障の心配なく、今後10年位使い続けられたろうに。

 

 しかし、まあ、多分、R2も、今後五年程度は使い続けられるかもしれない。分からないけどさ。はぁ。

 

 しかし、新古車だったならば、今後も維持費の安い軽自動車をずっと乗られるという安心感から、人生を急ぐことを躊躇ってしまうかもしれない。もっとゆったりのんびりしていたかもしれない。

 

 でも、今は、もう、R2がいつ壊れるかもしれない、という恐怖感がある故、とっとと高所得な仕事に就かねばならないという焦燥感がありまする。故に、その点は、己を急かすという意味からは、良かったかな。まあ、良くねえか。新品の方がいいに決まっているだろうがよ!

 

 とにかく、時は戻せない。故に、今後5年以内に・・・つーか、もっと短期間以内に、新車の300万円程度の車を買えるような身分にならねばならない。今度も中古車を買って、こんなに追加で修理費が発生するなんて、やっていられるかっつーの!

 

 結婚も子育てもしたいからな。今度はミニバン買うんじゃ。ヴェルファイアはデカすぎるので、ノアくらいがいいかな。

 

 でも、オデッセイもいいかもしれない。とにかく、7人以上乗れるミニバンを、新車のミニバンを買うことを目標に、人生の歩みを急がねばならない。

 

 とにかく、明日は多分、給与が受け取れるであろう。はぁ、振り込みではないので、本当に、貰えるかどうか分からない。まあ、当然に受け取れるのだが、何日の何時になるかどうか、分からない。社長が直接、近くまできて現金封筒を渡すからな。

 

 はぁ、とにかく、時給千円レベルの仕事をしておっても、自分一人の暮らしさえもままならない。もっと金を稼がねばならない。はぁ、大変だ。